FC2ブログ

心理系セミナー・イベント紹介サイト

どなたでも参加できる心理系のセミナー・イベント紹介サイトです。NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会が運営しています。

■書籍「不登校カウンセリング」のご紹介

■参考書籍のご案内
「不登校カウンセリング」

 著者:吉田勝明 IDP新書

◎このような方へお薦め!
 不登校生徒児童の心理ケアを行っている方
 不登校児の保護者の心理ケアを行っている方

1万回のカウンセリングを行ってきた精神科医によるケース内容が掲載されています。
未成年に対するカウンセリング、子どもとの接し方など参考になる部分が多く、臨床活動を行っている方に役立つ書籍です。

ぜひ、ご一読ください。

img-901131004-0001.jpg



スポンサーサイト

お薦め書籍!「さかな記者がみた大震災 石巻讃歌」

お薦め書籍!「さかな記者がみた大震災 石巻讃歌」
著者 高成田亨 出版社 講談社

●みなさんへお薦め!

「ニュースステーション」のコメンテーターとしても知られた朝日新聞の名物記者・高成田享氏は、定年後、シニア記者として同新聞の石巻支局長をつとめられていたそうです。その支局長を退職した1ヵ月後に起きた東日本大震災。

震災復興構想会議の委員にも就任した著者が目にした、石巻復興・漁業復興・東北復興の物語。
プロジェクト結の情報も掲載されています。


石巻讃歌

テーマ:大震災後の心のケア - ジャンル:心と身体

お薦め書籍!「幸せの小道を歩もう」

お薦め書籍!「幸せの小道を歩もう」
著者 ShinPei 出版社 かまくら春秋社

●このような方へお薦め!
心理ケアに携わっている方

心に傷を負った2組の男女の静かな愛が描かれた作品。
精神障害と診断された著者の真実の物語。心に傷を持つ方の心の内を知ってください。


幸せの小道を歩もう

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

お薦め書籍!『文藝春秋3月号 特集「予言の書 日本の自殺」』

お薦め書籍!
「文藝春秋3月号 特集『予言の書 日本の自殺』」


久しぶりにお薦め書籍をご紹介いたします。
今回お薦めするのは月刊誌「文芸春秋」最新号(2012年3月号)に掲載されている特集ページです。


文藝春秋3月号

月刊誌「文芸春秋」の2012年3月号には、37年前に同誌へ掲載された論文「日本の自殺」がトップで再掲載されています。
すでに読まれている方もいらっしゃるとおもいますが、こちらの特集ページをぜひ読んでいただきたい。

「日本の自殺」は同誌の1975年2月号に約22ページにわたり掲載された論文です。

高度成長に湧き豊かさを享受していた1972年に、日本もいずれかつて栄華を誇った古代ギリシャ、ローマ帝国の衰退と没落と同じ道を歩いている、という視点で書かれています。

「文明の没落は社会の衰弱と内部崩壊を通じての『自殺』だったのである」とし、現在の日本の間違った繁栄によって、道徳は荒廃し、人心はすさみ切り、日本人は病み個性を失って呆然と立ち尽くし、自壊に向かっている、と論じています。

37年後の今、予言のとおり道徳は荒廃し、人心はすさみはじめ、日本人は心身ともに病み、個人も企業も個性を失っているように感じます。
心の時代と言われて久しい日本。大震災があり、世界的不況のなか未来が見え難い時代ですが、日本の未来を皆で考える時だと思います。

今後の心理ケアを考えるためにもこの論文は一度読んでみてはいかがでしょうか。

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体