FC2ブログ

心理系セミナー・イベント紹介サイト

どなたでも参加できる心理系のセミナー・イベント紹介サイトです。NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会が運営しています。

2017年7月6日開催「条件反射制御法の維持ステージの作業をサポート出来るようになる為の実技研修」

2017年7月6日開催
「条件反射制御法の維持ステージの作業を
      サポート出来るようになる為の実技研修」<東京>

 主催:NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)


●このような方へお薦め!
 分かっちゃいるけど止められない嗜癖行動の欲求を低減した後の
   心のケアに興味のある心理職の方
 条件反射制御法維持ステージのサポートに興味のある心理職方
 条件反射制御法に興味のある心理職の方


本年1月に、JACCでは「条件反射制御法(CRCT)を学ぶ」と題して、
下総精神医療センター薬物依存治療部長の平井愼二先生にご講演いただきました。

講演に参加された会員のアンケートからも「目からうろこでした」、「もっと学んでみたい」、「カウンセリングに活かせるところがあれば活かしたい」という感想を多くの方からいただきました。

その声を受け、JACCでは、心理カウンセラーが臨床現場で条件反射制御法を活かすことを目的に
「条件反射制御法(CRCT)の維持ステージの作業をサポート出来るようになる為の実技研修」を実施いたします。

今回の実技研修の講師を担当される平井愼二先生は、
薬物乱用をはじめストーカー、アルコール、ギャンブル、万引きなどの、頭ではだめだと分かっているが、どうしてもやめられない問題となる嗜癖行動の治療者として実績のある精神科医です。

今回の実技研修は、条件反射制御法の基本から維持ステージの作業のサポートが出来るようになるまでを学べます。

条件反射制御法は、一般的に「依存症」呼ばれている状態を依存という言葉を使わずに治療する方法です。
このことは、ぜひ、研修に参加されてなぜ「依存」とは言わないのか平井先生から直接学んでください。

摂食障害、自傷行為、DV加害者・被害者、アルコール症、病的賭博、病的な買い物、強迫行為、反応性抑うつ、PTSDなどで困っている方が、条件反射制御法による治療で欲求を低減した後に、

日常生活の中で心理カウンセラーを利用することにより、そのような行為に至ってしまった心理的背景に目を向けることで再度その行為を行ってしまう予防に繋がります。

今回の研修では、そのことについてもお話していただきます。

昨年12月にカジノ法案が可決され、今後、日本社会でもこれまで以上にギャンブルを繰り返してしまう人の対応が必要だという声が多くあります。

人はなぜ、ギャンブルなどを過度に繰り返してしまうのか? 
そしてなぜ、意思の力では止められないのか? 

この理由についても、ぜひ、この実技研修で学んでください。

実技研修修了者にはJACCから修了証が発行され、JACCのホームページにて「条件反射制御法の維持ステージのサポート対応カウンセラー」として紹介されます。
また、「条件反射制御法の維持ステージのサポート対応カウンセラー」は下総精神医療センターから患者さんへ紹介していただけます。

JACCホームページ対応カウンセラー
 http://j-acc.org/blocks/index/00120

なお、今回の研修は「心理カウンセラー資格」を取得されている方に限らせていただきます。
JACC以外の心理カウンセラー資格をお持ちの方も参加出来ます。

また、今年度は東京都での開催のみとなります。
そのため、首都圏以外から参加されるJACC会員の方については参加費を減額いたしました。
多くの方のご参加をお待ちしております。

参加を希望される方は、詳細案内を確認後、
NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)カウンセラーサポート事務局までお申し込みください。

【開催日時】2017年7月6日(木)14:00~19:00(5時間)

【 講 師】 平井愼二先生
      独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター
      薬物依存治療部長

【司 会】 園田真司(JACC理事・統括事務局長)

【参加費】
 ・JACC会員3万円
  ただし、首都圏以外にお住まいのJACC会員は24,000円(20%引き)
  ※首都圏とは東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬及び山梨県

 ・JACC会員以外の方:5万円

 ※お申込み後1週間以内にお振込みください。
 ※期日までにお振込みが確認出来ない場合はキャンセルとなります。
 ※お振込手数料はご負担ください。

【研修参加費振込先】 .
 三井住友銀行 渋谷駅前支店 
 普通口座 3368218
 口座名義
 NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会
 
【定 員】30名

【開催場所】東京都文京区民センター 3-C会議室
 MAP
      東京都文京区本郷4-15-14

【申込方法】
メール、ファックス、電話にて次の4点の内容をお申し込みください。

1)研修名「CRCTの維持ステージ実技研修」
2)氏 名
3)会員番号(JACC会員の方のみ)
4)取得しているカウンセラー資格名(JACC会員以外の方のみ)
5)連絡がつきやすい電話番号
※お申し込み後、担当者からお振込等の案内があります。

【申込先】NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会
     カウンセラーサポート事務局
メール:info@j-acc.org
電 話:03-5647-7337(時間外の際は留守電に内容をお残しください)
FAX:03-5647-7340

【申込期限】2017年6月28日(水)


案内ちらしはこちら



スポンサーサイト

2016.5.3-4「葛藤解決と平和のためのプロセスワーク ~世界の未来を創造する『聖なるクリエイティブな場』~

2016年5月3~4日開催
葛藤解決と平和のためのプロセスワーク
~世界の未来を創造する『聖なるクリエイティブな場』~
<東京>
主催:日本プロフェッショナル・プロセスワーク・インスティテュート(JPPWI)(旧プロセスワーク研究会)
 
●このような方へお薦め!
 プロセスワークに関心がある方
 世界平和、世界の未来に興味のある方
 
 
プロセスワーク創始者、アーノルド・ミンデルと、パートナーのエイミー・ミンデルが、今年もGWに来日します!
ミンデル博士夫妻恒例のGWセミナー、今年は、世界の葛藤解決と平和のために有益な、プロセスワークを紹介。
次回の来日はまだ未定、今年はとくに貴重な機会となるに違いありません。
 
参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上、直接主催者へご連絡ください。
_____
        主催者からのメッセージ _____
 
※セミナー全日程に、日本語通訳がつきます。
※プロセスワークに関する事前の知識がなくても、楽しんで学び、またご参加いただける内容です。
 
プロセスワークは、世界中で、さまざまな多様性や緊張、葛藤に関して、また自分自身との取り組みについて、多くの人々のサポートを試みてきました。

その結果、私たちは今日、あなた自身や、他の人たちとの取り組みにおいて、私たちが「第1のトレーニング」と呼ぶ、基本的で認知的な技術に加えて、「第2のトレーニング」と命名した、もうひとつの技術が必要であると、理解するようになりました。

「第2のトレーニング」、 それは私たちが、「聖なる創造性に満ちた場」と理解しているものです。

今回、私たちが主にお伝えしたいのは、自分自身および他の人々と最良の形でコミュニケートし、またファシリテートするための最新の方法、「自然と心を通わせること(Commune with Nature)」についてです。

このセミナーで私たちは、プロセスワークの基本である第1のトレーニングと、アップデートされ新しくなった第2のトレーニングの両方に着目します。

そのことによって、潜在的であった「聖なる創造性に満ちた場」や「非局所性」と言われるものを、リアリティの前景に浮上させることができます。

「量子的非局所性」と老子の「無為」についての新しい理解は、私たちを「自然と心を通わせること」へと誘います。

それはまた、私たちがインナーワーク(内面との取り組み)、対人関係、集団や組織、そして世界に遍在する緊張や葛藤をファシリテートすることに役立つに違いありません。

いうなれば、プロセスワーク 、量子論そしてタオイズムが、世界の未来を創造するのを助ける数々の技術を私たちにもたらしてくれるのです。

※セミナー全日程に、日本語通訳がつきます。
※プロセスワークに関する事前の知識がなくても、楽しんで学び、またご参加いただける内容です。
 

【講  師】
アーノルド・ミンデル
プロセスワーク、ワールドワークの創始者、ユング派分析家。
マサチューセッツ工科大学卒(物理学部、言語学部)、同大学大学院修了(物理学)
ユニオン・グラデュエートスクールPh.d/博士(臨床心理学)

トランスパーソナル心理療法やユング心理学の中で、世界で最も力量のあるセラピストの一人。
世界中でワールドワーク志向ファシリテーターのためのトレーニングや、組織、チーム、コミュニティのためのワークを行っている。
世界各地における政治家のコーチングに携わっている。
著書:『プロセスマインド』、『後ろ向きに馬に乗る』、『24時間の明晰夢』など多数。

エイミー・ミンデル
認定プロセスワーカー、アーノルド・ミンデルのパートナー
アンティオック大学卒(心理学)、同大学院修士修了(心理学)
ユニオン・グラデュエートスクールPh.d/博士(臨床心理学)

エイミー・ミンデルは、プロセスワークを取り入れたダンサーでもあり、人形作りやビデオ製作などを行うアーティストでもある。
彼女のクリエイティビティのお蔭で、プロセスワークは、アートセラピー、プレイセラピーおよび表現セラピーであるとも言われている。
著書:『メタスキル』(コスモスライブラリー)など多数。
 
 
【開催日時】 2016年5月3日(火・祝)~4日(水・祝)両日とも10:00~17:30
 
【会   場】 都内(お申し込み・お振り込み後、ご案内させていただきます)
 
【参加費】 
 (1)【特別早割料金】2月5日(金)までの着金
    2日間58,000円(税込62,640円)
    1日参加の場合:30,000円(税込32,400円)

 (2)【早割料金】3月31日(木)までの着金
    2日間62,00 0円(税込66,960円)
    1日参加の場合:32,000円(税込34,560円)

 (3)【正規料金】4月1日(金)以降の着金
    2日間66,000円(税込71,280円)
    1日参加の場合:34,000円(税込36,720円)


【お申し込み・問い合わせ先】
日本プロフェッショナル・プロセスワーク・インスティテュート(JPPWI)
(旧 プロセスワーク研究会)
FAX:03-5570-2860
E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

2015年11月22・23日開催
第1弾「家族療法、夫婦療法とプロセスワーク
~個人、夫婦、家族を結ぶ<関係>療法の視点から学ぶ~」
主催プロセスワーク研究会
 
●このような方へお薦め!
 対人援助職の専門家の方
 対人援助職の専門家を目指す方

 

プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家も一般の方も受けられるセミナーのご紹介です。

参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上、直接主催者へご連絡ください。
お申込は先着順となります。

_____
        主催者プロセスワーク研究会からのメッセージ _____

※専門家の方および初心者の方、一般の方のご参加を歓迎いたします。
※このセミナーは、プロセスワーク研究会資格プログラムの正式単位となります。
※1日のみのご参加も可能です。

1)私たちプロセスワーク研究会は、ここ数年、プロセスワーク、心理セラピー、カウンセリング、コーチング、ボディワーク、ファシリテーション、コンサルティングを実際に活かす上で、「関係」療法を強調し、大切にしてきています。

「関係療法」(の視点)が、実践場面、臨床現場で大変有益だからです。
心理療法の歴史において関係療法の代表的なものが、「家族療法」、「夫婦療法」です。

2)プロセスワークは、ユング心理学にならって「個人」療法として始まりました。
が、ある時点から、「関係」の視点を取り入れ、「家族療法」、「カップル・夫婦療法」を、(ユング心理学とは異なり)積極的に行うようになっています。

特に、「エッセンスやドリーミング」といった次元、量子力学の「量子もつれ」を参考に、「エンタングルメント(entanglement、もつれ、混乱<させること>
<難局などに>巻き込む<込まれる>こと)」といった視座を取り入れるようになって、現代の他の(精神分析的)関係療法の幾つかと同様に、それまでの「一人心理学(one-person psychology)」の『限界』を乗り越えるようになりました。

3)しかし、残念なことに、プロセスワークには、今でも、「一人心理学」の影響が色濃く残っています。
そこからすると、たとえば「関係性」は、「関係性チャンネル」という、「チャンネル」の一つに過ぎなくなってしまいます。
その見方は、西洋的な「個人」や「一人心理学」の影を引きずったものです。

それが実践場面、臨床現場で問題なのは、「関係性」を「チャンネル」とする「一人心理学」的な見方が、重いパーソナリティ障害水準の人や、大変なトラウマ(心的外傷)を患っている人、ファミ―リー(家族)やカップル・夫婦、集団、組織の本質的テーマに対して、(あまり)有益でないからです。

4)私たちは、「個人(性)」を最大限尊重しながら、そのベースに、『関係性』を、また、「西洋心理学的な関係性」のさらにその奥底に、大乗仏教の『縁起(えんぎ)』という考え方をおいて、「関係療法」を実践しています。

今回、「家族療法」と「夫婦療法」について、その基本と最先端(の一部)を一から学びますが、上に書いたように、「関係性」や「縁起」の視点を大切にします。

5)「対人関係精神分析」は、「関係性」を、『フィールド(field、場)』と捉えていますが、それは何を意味するのでしょうか?
また、W.ビオンの後継者たちからなるビオン派は、「ビオン的フィールド(Bionian field)」ということを言い始めていますが、それは、何を指すのでしょうか?
そうしたフィールドの観点からも、「家族療法」と「夫婦療法」について、学びます。

6)「フィールド」という捉え方は、先ほど個人心理学/一人心理学的と書いたユング心理学の「集合的無意識」にピッタリです。

私たちは、集合的無意識次元(フィールド)に根差すことができると、「深層」で他の人たちや動植物や鉱物や、さらには月や太陽や宇宙~すなわち「集合」や「普遍」~と結びつき、心底ほっとし、安全、安心を感じます。

そうした各フィールドの観点を総合しながら、プロセスワークの家族療法、夫婦療法の可能性についてお伝えします。

7)今回のメイントピックのもう1つは、「両親(関係)療法(parent therapy)」です。
「両親(関係)療法」は、「夫婦療法」とは異なる「カップル療法」です。
それについても、しっかりと学びます。

8)このセミナーでは、プロセスワークの「個人」療法と、ワールドワークやオープンフォーラムのような「集団」療法を結ぶ『架け橋』にもなった「家族療法」と「夫婦療法」について、基本から取り組んでいきます。

※対人援助職の専門家の方、専門家を目指す方のご参加をお待ちしています。
また、「初心者」、「一般の方」も、歓迎させていただきます。

※このセミナーについてSNSや口コミなどを通じて、お知り合いの方にご紹介していただければ幸いです。



【開催日時】 2015年10月22(日)・23(祝)10:00~17:00(会場9:50)
 
【会   場】 東京都内(ご連絡をいただいた方に詳細をお知らせします)
          ご関心がある方は、早めにご連絡ください。先着順です。
 
【参加費】 1日ご参加の場合:20,000円+消費税(8%)
        2日間ご参加の場合:38,000円(2,000円の割引)+消費税(8%)


【講  師】
富士見ユキオ
    認定プロセスワーカー、
    トランスパーソナル&ホリスティック上級心理カウンセラー、
    臨床心理士
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定、
    相続アドバイザー協議会認定会員

 
岸原千雅子
    ミンデル夫妻認定プロセスワークのセカンド・トレーニング教師、
    トランスパーソナル&ホリスティック上級心理カウンセラー、
    臨床心理士、
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    英国IFA認定アロマセラピスト


【お問い合わせ先】
プロセスワーク研究会
FAX:03-5570-2860
E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp



テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

2015年6月21日開催「河合隼雄、ユング、ミンデルに学ぶ~世界、日本の最高のセラピー事例から臨床知を身につける~」

2015年6月21日開催
「河合隼雄、ユング、ミンデルに学ぶ
 ~世界、日本の最高のセラピー事例から臨床知を身につける~」

 主催:プロセスワーク研究会


●このような方へお薦め!
河合隼雄、ミンデル、ユング心理学、深層心理学、プロセスワークに興味のある方


参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上、直接主催者へご連絡ください。
お申込は先着順となります。

_____
        主催者プロセスワーク研究会からのメッセージ _____

※「初心者」、「一般の方」も、大歓迎させていただきます。

*会場が小さいため、今回は、参加人数に制限があります。ご関心がある方は、早めにご連絡ください。 先着順です。

(1)今回、「魂」の臨床心理学、「夢見る身体」のプロセスワーク、その2つの源流となった「ユング」心理学の<エッセンス>を、「ケース・スタディ」形式で、学びます。

とくにユング本人とともに、ユング派の流れを汲むプロセスワークの創始者、アーノルド・ミンデルと、日本のユング 派の重鎮である河合隼雄について取り上げます。

理由は、臨床知を身につけ、力をつける上で、欠かせないポイントであると考えるからです。

(2)今から約半世紀前、河合隼雄氏が、日本にユング心理学を紹介して以来、日本の心理療法の世界は、一変しました。

それから、ユング心理学という深層心理学が、日本では、世界でも珍しく、臨床心理学の「中心」になりました。

ユング心理学は、「ユング」という名前でよりも、河合氏の直観によって紹介された「箱庭療法」という形を通じて、また、彼のお弟子さんや学生さんたちが、
ユング心理学の見方を京都大学の河合氏の下で身につけ、日本全国の大学教員になったことで、広がり、浸透していきました。
河合氏は、ユング心理学の中でも、「コンステレーション」や「魂」などをキーワードに、日本文化に合った、臨床心理学の地平を独自に切り開き、発展させました。

私たちは、プロセスワーク、トランスパーソナル心理学、ホリスティック心理学を日々実践していますが、それが可能なのは、河合隼雄氏の貢献があってこそで、それなしではありえません。

このセミナーでは、その河合氏の臨床実践の全体像がよく表れている彼の事例(ケース)から、現在でも通じる良質さや可能性、および、現代からすると見えてくる彼のやり方への疑問点、マイナス点について、彼の心理学に尊敬を込めながら、批判的に学びます。

(3)河合氏の臨床の転機の1つは、トラ ンスパーソナル心理学との出会いでした
(河合隼雄著『宗教と科学の接点』(岩波書店)、その他を参照してください)。

トランスパーソナル心理学を日本に導入した代表者の1人は、河合氏です。

そのトランスパーソナル心理学の中で、最も良質で実践的な心理療法であり、コーチングであり、ファシリテーションであるのが、アーノルド・ミンデルによって創始、発展させられてきたプロセスワークです。

ミンデルは、現在、世界で、最もクリエイティブなユング派分析家の1人です。

彼 は、今、自分のことを、ユング派分析家と呼ぶことはありませんが、ユングの心理学を、身体、変性意識と非日常的リアリティ、昏睡状態、夫婦、ファミリー、 組織、集団、ファ シリテーション、葛藤・紛争解決、コーチング、アディクション、アートなどへと、縦横無尽に深化&進化させた、世界有数のたぐいまれな実践家です。

そのミンデルのケースからも、しっかりと学びます。

(4)河合氏やミンデルを生み出した母であり、父であるのが、ユングです。

彼は、フロイトと違い、「精神病水準」の治療を可能としました。

彼の心理学は、ヨーガや錬丹術や易などの東洋の神秘主義、錬金術やグーノーシズムなどの西洋の神秘主義を取り入れています。

そうした点で、ユング心理学は、トランスパーソナル心理学の両親でもあります。

今回、ユングの「ケース」からも学びます。

(5)このセミナーでは、河合氏、ミンデル、ユングの 底流に流れる「共通項」を見ていきます。

また、それぞれの個性を中心に、ユング心理学の深化、発展についても検証します。

三者を比較検討しながら、心理療法、コーチング、ファシリテーション、コンサルテーション、コンサルティングで、実際に役立つ、有益な対人援助とは何かについて、みなさまと議論し、考え、学び、それらのエッセンスを身につけることを、目的とします。

*このセミナーでは、日本や世界でもっと評価の高い最良のセラピストたち、河合隼雄、ミンデル、ユングの「ケース」から、ユング心理学、深層心理学、プロセスワークの「エッセンス」を学びます。

専門家だけでなく、一般の方、初心者の方のご参加を、大歓迎いたします!

※このセミナーについて、お知り合いの方に、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツィッター、クチコミなどを通して、お伝えいただきましたら幸いです。



【開催日時】 2015年6月21日(日)10:00~17:00(会場9:50)

【会 場】 東京都内(会場が小さいため、今回は、参加人数に制限があります。
       ご関心がある方は、早めにご連絡ください。先着順です。
 
【参加費】20,000円+消費税(8%)

【講 師】
富士見ユキオ

    認定プロセスワーカー、
    トランスパーソナル&ホリスティック上級心理カウンセラー、
    臨床心理士
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    交渉アナリスト1級日本交渉協会認定
    明治大学大学院兼任講師

岸原千雅子
    ミンデル夫妻認定プ ロセスワー クのセカンド・トレーニング教師、
    トランスパーソナル&ホリスティック上級心理カウンセラー、
    臨床心理士、
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    交渉アナリスト1級日本交渉協会認定 、
    英国IFA認定アロマセラピスト
    ホリスティック医学協会事務局長



■お問い合わせ先
プロセスワーク研究会
FAX:03-5570- 2860
E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体