心理系セミナー・イベント紹介サイト

どなたでも参加できる心理系のセミナー・イベント紹介サイトです。NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会が運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■無料電話カウンセリング実施中!主催JACC

■無料電話カウンセリング実施中!
  
無料電話カウンセリングは2016年6月30日で終了いたします。


電話カウンセリング

JACCの認定心理カウンセラーがお話をお伺いいたします。
受付時間 毎週火曜日・木曜日 10:00~14:00
1回の相談時間が45分です。ぜひ、ご利用ください。

【ご注意】
・心理カウンセラーを選ぶこと、指定することはできませんので、あらかじめご了承ください。
・通話料はご負担願います。
・2015年4月2日より無料電話カウンセリングのご利用は1日1回とさせていただきます。
・心理カウンセラーの技術向上のため相談内容を録音させていただきます。
録音された内容は個人が特定出来ないように記録し、厳重に保管いたします。


最新の情報はこの欄の下↓から表示されています。

.

スポンサーサイト

テーマ:無料相談情報 - ジャンル:心と身体

本サイトについて


「心理系セミナー・イベント紹介サイト」はどなたでも参加できる心理系のセミナーやワークショップ、イベントなどを紹介しています。

皆さんの心と身体に役立つ有意義なセミナーイベントを紹介しています。ぜひ、ご利用ください。

最新の情報は下の欄↓から表示されています。


専門家向けのサイトはこちらです。     .
サポートサイト

本サイト運営者 NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会 http://www.j-acc.org/

2016.7.1開始「ファミリービジネスへの心理支援 ~ケース(事例)に学ぶファミリーセラピーの基本と応用~」<東京>

2016年7月1日スタート
新連続講座
「ファミリービジネスへの心理支援
~ケース(事例)に学ぶ
 ファミリーセラピーの基本と応用~」<東京>
主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP
 
●このような方へお薦め
 企業経営者の心理ケアを行っている専門家の方
 ファミリービジネスに対するファミリーセラピーに興味のある方
  
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家も一般の方も受けられる、本邦初の講座のご紹介です。

毎月第1金曜日開催、全10回の連続セミナー講座になります。
参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上、直接主催者へご連絡ください。
_____
        主催者からのメッセージ _____

1)ファミリービジネスとは?

それは、心理カウンセリング、セラピー、プロセスワーク、トランスパーソナル心理学、コーチングなどに関心のある方には、なじみのない言葉 かもしれません。

あなたは、日本の全企業 約250万社の、何と97%がファミリービジネス(ファミリーがビジネスに深く関与している企業)であることを、ご存知でしたでしょうか?

あなたの働いている会社、企業も、ファミリービジネスである可能性が高いかもしれません。

ファミリービジネスという言葉を知らなくても、あなたか、あなたのパートナー、あなたのご両親か、お子様か、ご親戚、どなたかが、おそらく間違いなくファミリービジネスと、何らかの、おそらく緊密な関係をもっている、あるいはもってきたのではないでしょうか?

2)ファミリービジネス(family business)は、「ファミリー企業」、「同族企業」、「同族会社」、「家族経営」などと訳されます。

それは、
「ファミリー(family、家)」+「ビジネス(business、商業)」=「商家」のことでもあります。

今回、日本経済を支えてきた日本企業全体の97%が該当するファミリービジネスを対象としたファミリセラピー中心の心理支援実践講座を、初めて開催します。

この分野への心理支援の必要性が、今後飛躍的に高まっていくと、私たちは考えています。

3)なぜなら、日本の全企業の97%、つまり日本のほとんどの企業がファミリービジネスである、ということもさることながら、
ファミリー企業の繁栄、発展、永続性には、従来の経営や税務の コンサルティングに加えてファミリーセラピーを中心とした心理支援、心理コンサルティングが不可欠である、
という理解がアメリカやスイスを中心に生まれ、その必要性、有用性が急激に広がり始めているからです。

4)私たちは、ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、第1期生です。

日本で初めてのファミリービジネス資格です。

そのトレーニングを受講した理由は、私たちのところに来談されるクライエントの方の悩みや問題が~その人自身が気づいているかいないかは別としても~、ほぼ間違いなく、ファミリービジネスというコンテキストに、枠付けられ、影響を受けていたからです。

心理面に加え、オーナーシップや税務の大枠を理解 したい、ファミリーセラピー・コンサルティングを、経営ならびに税務コンサルティングと総合するノウハウを、具体的に学びたいと考えたからです。

5)ファミリービジネスのオーナー(創業者、経営者)やその家族だけでなく、ファミリービジネスで働く従業員の人たちも、その枠組みに、間違いなく大きな影響を受けています。

ファミリービジネスについてよく学ぶことで、今まで以上に、多くのクライエントの方のお役に立てると考え、ファミリービジネス・アドバイザーのトレーニングを受講しました。

6)現在、私たちは、ファミリービジネス・アドバイザーのトレーニングを受けた、日本で唯一のプロの心理士です。

今回、プロの心理療法家として 、ファミリービジネス心理支援、心理コンサルティングの連続講座をご用意させていただきました。

ファミリーセラピーならびにファミリーに関する各心理支援を実際に活かすにはどうすればいいか、具体的に学ぶことができます。

7)この連続講座では、次の点を目標とします。

(A)実際のファミリービジネスの当事者(経営者、その家族、非同族幹部、一般の従業員、その他)の方に、役立つ内容であること。

(B)心理カウンセラー、コーチ、プロセスワーカー、臨床心理士、ファミリーセラピストなど対人援助職の専門家に、ファミリービジネスと、その支援の基本についてを学び理解していただくこと。

(C)税理士、会計士、弁護士、宅建士、医師など、 心理療法の近接領域の専門家の方に、ファミリービジネスへの心理支援の基本と応用を学んでいただくこと。

(D)この分野へ興味関心のある一般の方に、ファミリービジネス心理支援の基本を学んでいただくこと。

*ほとんどの方が、この分野の初心者です。
専門家でない、はじめての方のご参加も、歓迎いたします。

8)ファミリービジネスへの心理支援の代表的なものは、ファミリーセラピーです。

また、近年、ファミリービジネスのサポートにおいて、心理支援の必要性、重要さが認識されているアメリカやスイス、フランスやイギリスでは、ファミリーセラピーに加えて、対象関係論、間主観的アプローチ、対人関係精神分析といった関係療法も、盛んに 用いられています。

私たちは、そこに、ユング心理学、プロセスワーク、トランスパーソナル心理学の知見をプラスして、今回の講座を進めます。

そうした各心理学を総合し、ファミリービジネス・アドバイスに役立つものに仕上げ、一からわかりやすくお伝えします。

9)内容としては、ファミリービジネスに関する国内外の良質なケース(事例)を基に、ファミリービジネスの心理支援について学びます。

ファミリーセラピーのケースでなく、ファミリービジネスのケースを取り上げます。

ファミリービジネスについて、心理療法の側面から、どのように支援をすることができるのか、詳細に見ていきます。

ファミリーセラピーを具体的に活かす方法を 学べる、非常に有益な機会にもなるでしょう。

10)方法としては、MBA(経営大学院)、ロースクール(法科大学院)レベルで使われてきたケースを用いる、ケース・メソッド、ケース・スタディが中心です。

ケースを読み込むという応用編や最先端の学びから入り、適宜(てきぎ)必要に応じて、ファミリーセラピー、関係療法、ユング心理学、プロセスワーク、トランスパーソナル心理学の基礎(用語)について、わかりやすくていねいにご説明します。

11)ファミリービジネス支援の核には、ファミリービジネスの持続可能性/永続性(sustainability)への配慮があります。

国内企業の3分の2にあたる、65.4%が、後継者不在と言われており、多くのフ ァミリー企業で、持続可能性が危ぶまれています。

ファミリービジネスに、今まさに必要とされている、そして今後ますますその有用性が高まるファミリービジネスの心理支援、心理コンサルティングについて、今回、あなたと学ぶ機会を心から楽しみにしています。


※この講座では、プロの方、プロを目指す方だけでなく、今回のテーマにご関心のある初心者の方、一般の方のご参加も大歓迎いたします。
※先着順です。小さな会場ですので、満員になり次第締め切らせていただきます。

◎この連続講座について、口コミ、SNSなどで、お知り合いの方に、告知していただきましたら幸いです。
◎USBと資料の形で受講していただけるようになりました。
  遠方の方、ご自分のペースで学びたい方は、是非ご活用ください。

 


 
【開催日時】 第1回目:2016年7月1日(金)
         毎月第1金曜日19:00~20:50 全10回
 
【会   場】 都内(お申し込み・お振り込み後、ご案内させていただきます)
  
【参加費】 
 連続講座のご参加が
  初めての方:120,000円+消費税(8%)
<特典>
  2年以内に連続講座に1度参加されたことのある方:115,000円+消費税
  2年以内に連続講座に2度参加されたことのある方:108,000円+消費税   
  2年以内に連続講座に3度参加されたことのある方:99,000円+消費税
  2年以内に連続講座に4度参加されたことのある方:89,000円+消費税

【講   師】 
 富士見ユキオ
    臨床心理士
    認定プロセスワーカー
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    交渉アナリスト1級日本交渉協会認定
    
 岸原千雅子
    ミンデル夫妻認定プロセスワークのセカンド・トレーニング教師、
    臨床心理士、
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    交渉アナリスト1級日本交渉協会認定 、
    英国IFA認定アロマセラピスト、
    ホリスティック医学協会副会長、
    トランス―パーソナル学会理事


【お申し込み・問い合わせ先】
 インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 FAX:03-5570-2860
 E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp

 

 

 

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

2016.5.29開催「生きるのがどうしてこんなに苦しいの、ママ~隠れ自己愛障害とその癒し~」セミナー

2016年5月29日開催
「生きるのがどうしてこんなに苦しいの、ママ 
  ~隠れ自己愛障害とその癒し~セミナー」

主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)

●このような方へお薦め
 一所懸命に生きてきているのに生きることが苦しいと思っている方
 カウンセラー、セラピストの方


プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家も一般の方も受けられる連続セミナーのご紹介です。

このセミナーでは、一所懸命にいい人、いい子をやって生きてきているのに「生きるのがどうしてこんなに苦しいのか?」と思っている方の背景、そしてその癒し法について学びます。
_____
        主催者からのメッセージ _____

※現代日本で一番多い心のテーマの1つ、 「隠れ自己愛障害」に関する本邦初のセミナーです。ご一緒に学びましょう。

※当日セミナーにご参加できない方も、USBと資料の形で、セミナー内容をご購入いただけます。

1)あなたは「隠れ自己愛障害(closet narcissism)」という言葉を聞いたことがありますか?

それは内に隠された自己愛の障害であり、「内向性自己愛障害(introverted narcissism)」と呼ばれたりもします。

隠れ自己愛障害は、
河合隼雄の「日本母性社会の病理」、山本七平の「空気の研究」から派生した「空気を読む、読まない、KY」、

上野千鶴子の「学校化社会」、
数年前に問題提起された「スクール・カースト」や「ママ・カースト」、さらに、最近話題になった「本当は怖いやさしさ社会」や、「思考停止を招くやさしさ」などに、直結しているテーマです。

2)隠れ自己愛障害は、心の発達過程で、未完了の自己愛のテーマを内に隠すことを、学習して(しまって)います。

「いいえ、私なんて・・・、とても、とても・・・」

「めっそうもない、私ごときが・・・(と、おずおずと引き下がる)」

といったように、隠れ自己愛障害では、過度に/病的に謙遜したり、自分を低くしたり、おとしめたりします。

他人から敵意を向けられたり、バカにされたり、軽蔑されるのを恐れ、心配し、たえずまわりの人たちの顔色をうかがったり、他人からの評価を気にしています。

3)「こんなに人のこと気にして、一生懸命いい人、いい子やってきたのに・・・」
「なんで、生きるのがこんなに苦しいの、ママ」は、自己愛障害の人の、言葉にならない心の叫びです。
(注:その叫びは、ママにだけには言えない、聞かせてはいけない、聞こえてはいけない、つぶやきです)

4)パーソナリティ障害治療の第1人者、ジェームズ・マスターソンによ ると、
隠れ自己愛障害には、子どもが親を恐れ、敬っている限りは、親から愛され、面倒を見てもらえる、という妄想にも似た無意識的確信があります。

会社に当てはめると上司を、学校であれば先生を崇(あが)め奉(たてまつ)っているならば、上司、先生に重用(ちょうよう)される、という思いを抱いています。

5)隠れ自己愛障害で、先生に特別にかわいがられた子は、昔、ブリッコと呼ばれ、クラスメイトに敬遠されかねない存在でした。
英語では、"teacher's pet"(ティーチャーズ・ペット、先生のペット)と、称されます。

6)隠れ自己愛障害には、
子どもは親を、部下は上司を、生徒は先生を理想化し、自分の影を薄くする、失くす、という特徴があります。

親、上司、先生を持ち上げ、賞賛します。
自分ではなく、他人、外に焦点を向けます

7)理由は、心(内)に、未完了の自己愛の傷つき(たとえば、誇り、自尊心、面目を失う、辱められる、プライドを傷つけれる、その他)があり、未完了の自己愛的傷つきが放置されたままであるために新たな自己愛の傷つきを恐れ、回避、防衛するためです。

そのことから、「過敏性自己愛障害(hypersensitive narcissism)」、

「脆弱性自己愛障害 ~脆く、弱く、傷つきやすい自己愛障害~(vulnerable narcissism)」 と呼ばれることもあります。

8)隠れ自己愛障害も自己愛障害の1つであることには、変わりません。

そこには、自己顕示欲の強い「顕示型自己愛障害」と同様の、自己愛障害が潜伏しています。
この2つの「自己愛障害」の違いについてもセミナーでは丁寧に解説します。

9)隠れ自己愛障害の中核にあるのは、「自己」の問題です。

その自己は、断片化しそうな・バラバラになりそうな、脆く、弱く、薄く、傷つきやすいのが特徴です。
それをいかに、丈夫でまとまりのある頑強なものにしていくか、それでいて、柔軟で活性化されたものにしていくか、それが、このセミナーの最大のテーマです。

10)隠れ自己愛障害の癒しには 、健康な自己作りが欠かせません。
丈夫でまとまりのある自己が育まれて、結果として隠れ自己愛障害に癒しが生じます。

11)そのためには、何が必要でしょう? どうすればいいでしょう?
具体的なケースを用いて、一からていねいに、わかりやすくお伝えし、学びを確かなものにしていきます。

このセミナーでは、
一所懸命にいい人、いい子をやって生きてきているのに、「生きるのがどうしてこんなに苦しいのか」という隠れ自己愛障害の叫びとその癒しについて取り上げます。

それは、 現代日本で一番多い心のテーマの1つです。
このテーマにご関心がある一般の人、初心者の人、専門家のご参加をお待ちしています。

※当日セミナーにご参加できない方も、USBと資料という形で、セミナー内容をご購入いただけます。

※プロの方、プロを目指す方だけでなく、今回のテーマにご関心のある初心者の方、一般の方のご参加も大歓迎いたします。

※先着順です。小さな会場ですので、満員になり次第締め切らせていただきます。



【開催日時】 第1回目:2016年5月29日(日)10:00~17:00(開場9:50)
 
【会  場】 都内(詳細はお申込みいただいた方にお知らせします)

【参加費】 20,000円+消費税(8%)

【講  師】 
 富士見ユキオ
臨床心理士
認定プロセスワーカー(日本にプロセスワークを紹介、導入する)
ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
相続アドバイザー協議会認定会員、
交渉アナリスト1級日本交渉協会認定、
日本人として初めて、米国トランスパーソナル心理学研究所修士(M.A.)終了。

岸原千雅子
ミンデル夫妻認定プロセスワークのセカンド・トレーニング教師、
臨床心理士、
ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
相続アドバイザー協議会認定会員、
交渉アナリスト1級日本交渉協会認定 、
英国IFA認定アロマセラピスト、
ホリスティック医学協会副会長、
トランス―パーソナル学会理事、
お茶の水大学(文教育学部)卒、
修士。


 【お申し込み・問い合わせ先】

 インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 FAX:03-5570-2860
 E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp

 

 

 

.

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。